スイッチャーについて
スイッチャーのパラレル端子にあるTALLY DATAとはなんですか
スイッチャーをRS-232C(RS-422A)で制御する際の、制御仕様(コマンド表)がほしいのですが
シリアル(RS-232C・RS-422A)で制御しているのですが、うまく動作しません。
スイッチャーがLAN制御できません。
スイッチャーをブラウザでの制御画面はどのようなものでしょうか。
スイッチャーのブラウザでの操作方法がわかりません。
特定のパソコンの映像だけ出力されません
ASXシリーズのみ単独で動作させることはできますか
ASXシリーズとスイッチャーを接続するケーブルは何ですか
ASXシリーズとチェンネル数が異なるスイッチャーを連動動作させることはできますか
映像専用(または音声専用)のスイッチャーがほしいのですが
入出力のチャンネル数を変更できるスイッチャーがあると聞いたのですが
スイッチャーを切替えたときのディスプレイに現れる映像ノイズや、無信号状態による黒/青画面表示をなくしたいのですが
SWX-xxxxAVシリーズは音声の平衡と不平衡が混在できるとのことですが、どういうことなのでしょう
Q スイッチャーのパラレル端子にあるTALLY DATAとはなんですか
マトリックススイッチャーのパラレル端子にあるTALLY DATA端子からは、マトリックススイッチャーのクロスポイント情報をエンコードした信号が出力されています。 この信号をデコードすることにより、パラレル端子よりマトリックススイッチャーのクロスポイント情報を読み出すことができます。 信号の形態や、デコード回路の詳細に関しては下記に添付してある、PDFファイルをご参照ください。

※下記に記載のない製品は、サポートダイヤルへお問い合わせください。
 サポートダイヤル 0120-480-980

SW-xxxxF 、 SW-xxxxAV 、 HDS-xxF 、 RGBS-xxxx など PDF
SWX-xxxx 、 HDX-xxxx など PDF
参考回路図 準互換スタティック方式 PDF
スタティック点灯方式 PDF
ダイナミック点灯方式 PDF
Q スイッチャーをRS-232C(RS-422A)で制御する際の、
制御仕様(コマンド表)がほしいのですが

外部制御に関するコマンドや仕様は、各機器の取扱説明書に記載がございます。
取扱説明書は弊社ホームページの製品情報よりダウンロードできますので、そちらをご参照ください。

Q シリアル(RS-232C・RS-422A)で制御しているのですが、うまく動作しません。
1.機器の設定をご確認ください
転送速度の設定をご確認ください。スイッチャーの出荷時設定は9600bpsです。

2.結線しているケーブルをご確認ください
ケーブルのピンアサインや断線をご確認ください。ピンアサインについては各機器の取扱説明書に記載が
ございます。ケーブル長をご確認ください。RS-232Cでは伝送距離に制限がありますので長すぎるケーブル
では通信ができません。ケーブルの品質をご確認ください。ケーブルの品質によっては外来ノイズの影響を
受けやすく、伝送過程に問題を生じる場合があります。

3.転送しているコマンドをご確認ください
転送しているコマンドをご確認ください。ラインモニター等で弊社スイッチャーの仕様あったコマンドになって
いるかご確認ください。

4.スイッチャーが正常動作品かどうかご確認ください
スイッチャーも機器ですので初期不良が考えられます。
一般的なDOS/Vパソコンを用いて確認ができます。
・スイッチャーとパソコンのCOMポートをストレートケーブルで接続してください。
・通信ソフトを起動し、通信の設定をしてください。
(Hyper Terminal、Tera Termなど)
・通信の設定が終わりましたら、スイッチャーのコマンドをキーボードより入力してください。
(例えば1 , 1 , Enter と入力すると、スイッチャーが入力1が出力1に設定されます。)
Q スイッチャーをLAN制御できません
スイッチャーをLAN制御するには、スイッチャーのネットワーク設定をしなければなりません。
また制御するパソコンなどのネットワーク設定も必要となります。
詳細はPDFファイルをご参照ください。
Q スイッチャーのブラウザでの制御画面はどのようなものでしょうか。

スイッチャーのネットワーク設定を行うことによって、パソコンのブラウザからスイッチャーの状況確認や、チャンネルの切替ができます。
ブラウザでスイッチャーにアクセスすると、右図のような画面が表示されます。

※右図はHDX-1010にアクセスした場合のサンプル画面です。また各製品ページにもブラウザ画面のリンクがございます。

Q スイッチャーのブラウザでの操作方法がわかりません。
スイッチャーをブラウザで操作する方法です。



1. 
・映像・音声連動切替操作(A&V)
・映像のみ切替操作(Video)
・音声のみ切替操作(Audio)
の選択スイッチです。

2.
スイッチャーの切替状況を表示します。
任意の箇所をクリックすることによって、スイッチャーを切替えることも可能です。

3.
スイッチャー本体と同様の操作手順で切替操作を行えます。
初めに「input」の列から任意の入力番号を選択。
次に「output」の列から任意の出力番号を選択。

4.
パターンメモリーの書込みと読み出しをします。
「Save」で現在設定されているクロスポイントパターンを記録します。
「Load」で記録されているクロスポイントパターンを読み出します。

5.
スイッチャー本体の状況を確認します。
「手動更新」をクリックすると、スイッチャーの設定状況を読み込みます。
「自動更新」にチェックをつけると、設定されている時間間隔で自動的にスイッチャーの設定を読み込みます。

6.
各出力端子に何番の入力信号が出力されているかを示します。
「Video」が映像信号、「Audio」が音声信号です。
Q 特定のパソコンの映像だけ出力されません
同じ入力端子に接続しているのに、ある特定のパソコンの映像信号だけが出力されない場合はパソコン側に原因があることが考えられます。
パソコン(特にノートパソコン)はコスト削減や消費電力を抑えるために、映像出力信号が微弱だったり、送出し抵抗が導入されていないと思われる製品が見受けられます。
このために映像機器側で同期信号の検出ができずに、映像信号が映らないという現象が発生します。
このような場合、パソコンの出力信号をCIF-12H(アナログRGB用)や、DIF-12A(HDMI/DVI用)に付属のケーブルで接続し、映像信号レベルを補正してからシステムに映像信号を送ると、ほとんどの場合問題は解消されます。
Q ASXシリーズのみ単独で動作させることはできますか
ASX-128128SASX-6464Sは単独で動作させることができます。それ以外のASXシリーズは単独で動作させることができません。
Q ASXシリーズとスイッチャーを接続するケーブルは何ですか

ASXシリーズとスイッチャーを連動させるケーブルは、ASXシリーズに付属品として同梱されております。そのケーブルでスイッチャーと接続してください。

Q チャンネル数が異なるASXシリーズとスイッチャーを連動動作させることはできますか
ASXシリーズとスイッチャーで入出力が異なる機種では基本的に連動動作できません。
詳細はサポートダイヤルまでお問合せください。

サポートダイヤル 0120-480-980
Q 映像専用(または音声専用)のスイッチャーがほしいのですが
一部のスイッチャーでは、本体より音声のボードを抜き取り映像専用スイッチャーとしてご利用いただけます。
同様に映像のボードを抜き取り音声専用スイッチャーとすることも可能です。
ただし、スイッチャー本体のシルク印刷などは変更不可能ですので標準品のままになります。

対応可能機種
SWX-3232
SWX-3216
SWX-1616
SWX-3232AV
SWX-1616AV
Q 入出力のチャンネル数を変更できるスイッチャーがあると聞いたのですが
一部のスイッチャーは、入力出力チャンネルの調整ができます。例えば、64入出力のスイッチャーの場合は「64入力16出力」といった構成が可能です。
ただし、スイッチャーー本体のシルク印刷などは変更不可能ですので標準品のままになります。

対応可能機種
ASX-128128(S)
ASX-6464(S)
DVX-6464A
DVX-3232A
DVX-1616A
ILS-128128
ILS-6464
ILS-3232
ILS-1616
ISX-128128
ISX-6464
ISX-3232B
VSX-128128
VSX-6464
Q スイッチャーを切替えたときのディスプレイに現れる映像ノイズや、
無信号状態による黒/青画面表示をなくしたいのですが
スイッチャーを切替えた際に同期信号が途切れることによりディスプレイ側で同期信号の再検出を行うため、このような症状が発生します。この現象を回避するためには、スイッチャーとディスプレイの間に、下記のフレームシンクロナイザを接続してください。

SDI機器用 :CRO-PS12、CRO-SFS21
HDMI/DVI機器用 :RS-1550B
アナログRGB機器用 :RS-1500A

※SDI機器の場合は、外部同期信号によるブランキングスイッチも可能です。
Q SWX-xxxxAVシリーズは音声の平衡と不平衡が混在できるとのことですが、
どういうことなのでしょう
平衡/不平衡の混在使用が基本的に可能です。ただし、出力信号を不平衡で取り出した場合、平衡で使用している出力に対して出力レベルが-6 dBとなります。AVシリーズのスイッチャーは、オーディオ信号の入出力端子に5ピンのユニバーサルタイプのコネクターを使用しており、製品にこのヘッダープラグが付属しています。このヘッダーへの信号線の配線方法により、平衡/不平衡のどちらでも使用可能なようになっています。このヘッダーへの配線は、添付のマイナスドライバー1本で簡単に加工可能です。
製品の取扱説明書に、詳しい接続方法が明記されています。